本文へ移動

ブログ

かきのきブログ

音のまつり

2021-07-20
2019年度、2020年度の「音のまつり」は、新型コロナウイルスの感染拡大により中止となりましたが、2021年度「父母と教師の会主催・音のまつり」を、無事、開催することができました。 今年で25周年を迎えた「音のまつり」。園児と保護者が、栃木県総合文化センターの大ホールという素晴らしい環境の中で、プロの音楽家によるピアノ三重奏を聴くことができました。アンコールには、園で歌う曲を三重奏に編曲して演奏してくださり、子どもたちも一緒に歌いました。演奏曲は、ベートーヴェン作曲「ピアノ三重奏作品11「街の歌」」、J.シュトラウス作曲「美しき青きドナウ」、ブラームス作曲「ハンガリー舞曲第5番・6番」、山田耕作作曲「赤とんぼ」です。本物のクラシックに触れ、満3歳児には満3歳児の感動が、3歳児には3歳児の感動が・・・、大人には大人の感動がそこに生まれました。
感染症拡大により多くの演奏会が中止となっておりましたが、少しづつ開催されるようになってきているそうです。県や市の指導を受け、感染対策がなされた会場にて、スタッフの方からの助言をいただき、感染防止につとめる中、母親のうた、父親のうた、を子どもたちが聴くことのできた「音のまつり」は、園児にとっても、保護者の方にとっても、心に残る時間となったのではないかと思います。

園庭の樹々からセミが孵化し始めました

2021-07-15
セミがちょうど孵化しました!
体全体が白く、羽は透き通り、美しい青緑色で縁取られ、静かに音が聞こえてきそうなほど神秘的な光景でした。感動です。

大間朋子先生によるピアノ演奏会

2021-07-13
大町先生が、年長児、年中児のために、ピアノを演奏してくださいました。
没後100周年を迎えるフランスの作曲家 カミュ・サン=サーンスによる「動物の謝肉祭~白鳥」や、同国作曲家 フランツ・リストによる「ラ・カンパネラ」を聴きました。
「白鳥」の透き通った音色にうっとりし、「ラ・カンパネラ」の鐘の音を感じながら超絶技巧に目が釘付けになるなど、それぞれがピアノの音に耳を傾ける時間となりました。

こどもの村

2021-06-30
2021年「こどもの村」が園庭に繰り広げられています。
今年は、父様方のお力添えにより、村の中に、池ができました。オタマジャクシを泳がせ、カエルに成長する姿を観察しています。
仲間とのあそびを通して、意志力、想像力、創造力が培われ、人生の土台が作られる時期が幼児期です。「こどもの村」が子どもたちにより展開されていくことを願っています。

かきのきブログをはじめました。

2021-06-01
こんなに高い塔ができました。
たくさんの積み木を使って
空間認知能を育むといわれている積み木あそび。年長児のRくんのアイディアにより、数名で高い塔を作ることになりました。積み木の組方もRくんのアイディアです。慎重に積み上げ、背丈より高くなると、椅子を使い、崩さないようにみんなが注意深く積み木を置き、高い位置の積み木を積み上げる瞬間はみんなが息を止めるほどでした。
TOPへ戻る